機械翻訳とコンピュータ支援翻訳

似ているように思えるこの2つの違いは何か?

人間は、特に考えたりすることなく自然な言語を理解することができますが、コンピュータにとっては、徐々に向上しているとはいえ、これは非常に難しい作業です。

1つの言語を理解することがコンピュータにとって難しいなら、別の言語に翻訳することはさらに難しいはずです。機械翻訳(MT)には、コンピュータ科学分野の人々が懸命に取り組んでいますが、完全な実現にはまだ数年を要する難しい課題とされています。とはいえ、機械翻訳はここ数年で大きな進歩を遂げています。

商用サービスとしては、Google翻訳がもっともよく知られており、多数の言語ペアでの翻訳に定評があります。簡単にウェブページ全体を翻訳することも可能です。Google翻訳では、翻訳を仕上げるためにさまざまな技術を使用しますが、結局のところ、翻訳したテキストという学習素材を提供する人間の翻訳者にかなり依存しています。Google翻訳は、新しいセンテンスの翻訳の質を向上させるべく、膨大なデータを巧みに処理し、学習しているのです。

コンピュータの強みを活かす

人間にとって取るに足らないようなタスクが、コンピュータにとっては非常に難しかったり、また逆に、人間にとって到底手の付けられないようなタスクを、コンピュータが簡単に終わらせることができたりします。

コンピュータ支援翻訳(CAT)ツールでは、人間が持つ優れた言語能力と、大量のデータを保存し、すばやく選別することができるコンピュータの能力を組み合わせることを目指しています。この場合、データは人間の翻訳者が翻訳したテキスト(通常はセンテンス単位)です。

CATツールでは、現在のセンテンスを受け取り、「翻訳メモリ」または「TM」と呼ばれるデータベースを検索して一致するものを探します。検索結果は、完全に一致する翻訳済みのセンテンスが存在する「100%マッチ」、人間の翻訳者が新しいセンテンスを翻訳する際にベースとして使用できる「部分マッチ」、あるいは「マッチなし」となります。翻訳者が現在のセンテンスを翻訳すると訳文はTMに追加され、類似のセンテンスが再び登場した際にマッチとして表示されます。

Memsource や Smartling などのCATツールはすべてこの原則に基づいており、翻訳者はより迅速に一貫性のある翻訳を実現することが可能です。また、CATツールの多くは、人間の翻訳者が効率的に作業できるように、補完的なツールとしてMTも活用しています。

最適なツールはどっち?

もちろん、状況によってそれぞれにメリットがあります。機密性を心配する必要がない場合や文法を気にしない場合、大まかな意味さえ把握できればよい場合などは、Google翻訳にかけることでコンテンツをすばやく理解することができて便利です。しかし、個人の感情や国の文化などを考慮したメッセージを作成する場合には、熟練の翻訳者がCATツールを使用して、あなたと対象国の読者を適切につなげるお手伝いをすることができます。

 

Photo by Rock’n Roll Monkey on Unsplash