よいコピーライティングとは?

読みやすく洗練された英語の文章を書くための4つの原則

読みやすく洗練された文章を書くためには、実践的なスキルが必要になります。このスキルは、日々読みにくい文章にふれている読者からは、高く評価されるものです。

専門用語や紆余曲折した構造、誇張した用語などが散見する文章は、必要以上に読みにくくなります。残念ながら、こういった文章がとても多すぎて、世間ではそれが正しい書き方であると思われてしまっています。読者は難しく書かれている箇所があると、分かりやすく表現する能力が書き手に不足しているとは思わず、書いてあることを理解するための知識が自分たちに不足しているのだと考えるのです。

思考できるものはすべて明確に思考することができる。言うことができるものはすべて明確に言うことができる。

 

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

もちろん、書き手が主題を実際よりも重要であるように見せたり、複雑に見せたりするためにわざと文章を膨らませて書くことがあります。どちらにしても、それは読者を排除して書かれた文章です。考え、意見、情報を伝えるために書かれた文章であるなら、これはおかしな書き方ということになります。

読みやすく洗練された文章を書くために必要な原則は数多く存在します。初歩的なことから難解なものまでありますが、一貫して原則を適用すれば、読者にメッセージを明確に伝えることができるようになります。以下に、重要な原則をいくつかご紹介します。

受動態ではなく能動態を使用する

The police patrolled the area」というように能動態にした方が、「The area was patrolled by the police」というように受動態にするよりも直接的で、理解しやすい文章になります。受動態は言語に存在しますが、識別可能な主語がセンテンスに含まれている場合は、能動態で表現するのが一般的によい方法です。

名詞化された弱い動詞より、通常の動詞を優先して使用する

動詞のintend(意図する)と、名詞のintention(意図)のように、多くの動詞は名詞として表すことができますが、センテンスの中で主に説明したいアクションについては、「It is the intention of the company to make investments in green technologies」と表現するより、「The company intends to invest in green technologies」という風に表現するのがよいでしょう。

主語の後にすぐ動詞を続ける

苦労して最も重要な動詞に到達しなければいけないような、複数の従属節を含むセンテンスは、読者にとって読みにくいものです。読者は、明確な主語の後に動詞がすぐ続くようなセンテンスを好みます。

簡潔にする

単純に現在のことを表したい場合、現在形を繰り返して文章を書けば、冗長になるだけでなく、魅力のない、偉そうな印象を与えてしまうことがあります。意味の繰り返しや、明らかな暗示を含むセンテンスに注意してください。たとえば次のような文章です。「More than at any other time in the past, people fly by plane when going abroad」(意味:When traveling abroad, more people fly than ever before)。

 

Photo by Tobias Moore on Unsplash